妊娠初期こそ青汁を積極的に摂ろう

妊婦さんにとって効果的な青汁の飲み方「妊娠初期に青汁を積極的に飲む」についてご紹介しています。

妊娠初期こそ青汁を積極的に摂ろう

妊婦にお勧めの大麦若葉の青汁青汁は妊娠中に欠かせない栄養素をたっぷり含んでおり、妊婦さんにぴったりの栄養補助食品ですが、青汁を最も効果的に飲む時期をご存知でしょうか?

ここでは、青汁に含まれる栄養素と一緒に、いつ飲むのが効果的なのかをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。


青汁には、妊娠中に特に必要である鉄分やビタミンC、葉酸、カルシウムがたっぷり含まれており、毎日飲み続けることで妊娠中の不快な症状や様々な妊娠期特有の病気を回避することが可能です。

青汁には、日々の食生活では摂りにくい葉酸が含まれており、青汁を飲むことで効果的に摂取できるのですが、この葉酸こそ胎児の成長に欠かせない栄養素なのです。

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経系の病気を引き起こしたり、胎児の成長に影響を与えます。
したがって、胎児の細胞が発達する妊娠前1ヶ月から妊娠初期の4週〜12週の間にこそ葉酸が必要であり、青汁の摂取も特にこの時期から行ってほしいのです。

妊娠を希望している人は、日頃から青汁を飲むのが一番いいのですが、妊娠を機に青汁の良さを知る人も多いと思いますし、妊娠に気付かない人もいると思います。

そこで、妊娠が分かったらすぐに青汁を飲むことをお勧めします。
妊娠初期の4週〜12週は、特に胎児の細胞分裂が激しく、この時期に葉酸が十分足りていれば、70%以上の確率で、胎児の神経系の病気が予防できるとされています。

妊娠に気づいた時には、妊娠4週以降のことが多いと思いますので、妊娠がわかると同時にぜひ青汁を飲み始めてはいかがでしょうか?

青汁は、胎児の健やかな成長に効果があるだけでなく、妊娠初期のつわりや食欲不振にも効果があり、また、妊娠全期を通して非常に体に良い作用をしてくれるので、母子ともに元気で過ごすためにも青汁の摂取がお勧めです。


毎日の食生活にプラスαして、ぜひ青汁を飲んでください。

妊娠と青汁関連情報

このページのトップに戻る